東北南部の梅雨明け

 

いつもブログを見て戴きありがとうございます。

最近、ネタ不足で困っていた投稿者です。

 

それはさておき、

東北も梅雨入りを発表されてから真夏日が続き、体感的には猛暑日を感じる日が多く感じられます。

 

そして、昨日東北南部の『梅雨明け』まで発表され、あまりの記録的早さにビックリしております!

ご存知かと思いますが、『日本列島の上空では、6月下旬から偏西風が蛇行し、太平王高気圧が北に強く張出して、梅雨前線を押し上げている状態であることから当面晴天と高温が続くとされている』と言われています。

 

しかし、過去には『梅雨明け』宣言が”取り消し”になった年もあったそうです。

来週は、いくらか雨予報があり、気温も少し下がる予報となっているので、少しでも過ごしやすくなると助かりますね。

 

 

 

伊藤工務店の各現場では、最近の猛暑のなか、熱中症に最善の注意を払いながら現場を進めております。

 

年度初めから動いてる熊川の現場では、本日空中写真測量を実施しております。

気温も高いですが、風もドローンを飛ばすには少し強く感じますが、何とか現況測量を実施して頂いております。

 

熊川の現場の他、元請工事では環境省(汚染土の輸送)、双葉町(下水道災害復旧、道路災害復旧)、福島県(除草業務)等の現場が徐々に動いていきます。

追って、ブログで紹介できる範囲で載せていきたいと思います。

 

それでは、ご安全に!!!

 

IMG_36893594

セミナー

 

お疲れ様です。

 

6月7日にコマツカスタマーサポート推進部にお越しいただきまして、コマツで展開しているSMART CONSTRUCTIONについてセミナーを約1時間半に亘り、開催していただきました。

 

建設現場のICT化によるソリューションサービスとして、人材不足の解消、安全性向上、生産性向上についての取り組みについて話を聞くことができ、今後必要な技術になるのではないかと感じました。

 

しかし、現状の課題はコストが高い、小規模工事に向かない、電波障害があって活用できないなど挙げられます。

課題は沢山ありますが、少しずつ解決策を見出して、将来の建設現場に活用できれば良いなと思いますね。

 

弊社もICT活用工事は、前年度の工事から始めたものの、まだまだ活用できる工事が少なく知識少ない為、今回のセミナーを通して少しでも社員に関心を持ってもらえたのかなと思います。

 

 

これからの発展に期待ですね!

 

第4回建設・測量生産性向上展

 

今回、5月25日~27日の3日間に渡り、千葉幕張メッセにて展示会が開催され、その内の27日のみ見学してきました!

 

コロナ禍の開催でありましたが、連日1万人以上が来場されていたようです。27日も1万2千人来場しており、屋内屋外は大勢の来場者で賑っていました。

ホール内では、建機・アタッチメント・i-Constructionなどの最先端の技術や製品・サービスの展示・紹介をしていました。

 

例えば、『HITACHI』さんでは、

〇「見せる、知らせる、動かさない、止める」の4つの

運転支援システム【衝突被害軽減システム】

〇【Solution Linkage Survey】というスマホで手軽に(土量)計測が可能

などの技術紹介

他にも目新しい技術がたくさんあり、今後の生産性向上に繋がる施工の仕方を実現するために、更なる開発が進んでいくと感じました。

 

弊社も人材不足と技術力不足が今後の課題であります。人材確保、技術力における生産性の向上に繋がるように、新しい技術、サービスを取り入れることを検討しながら双葉町に貢献し続けたいと思います。

 

現場:熊川除草

最近は雨で寒い日や暑い日の入れ替わりが多く、体調管理が難しい日々が続いております。

 

みなさんは、体調を崩されていないでしょうか?

 

弊社の従業員さん達は、体調を崩して休む方は殆どおらず日々業務に励んでおります!

毎日ありがとうございます!

 

その中元請工事では、現在熊川の除草作業を実施しております。

前回工事の経験を活かし、工程は順調であり、安全管理も徹底し事故等もなく進んでいます。

特にこれからは、熱中症に気を付けなければなりませんので、環境省より発信されている『熱中症予防情報メール』を活用し、朝礼時に周知するようにしていこう考えております。

是非活用してみてください!

 

 

それではご安全に!!!

連休明け

お疲れ様です!

令和4年度に入り、初めての大型連休(GW休暇)も終わりがけになりましたね!

今年は、行動制限がなくコロナ前に少し日常が戻った感じがします。

弊社は、明日から仕事になります。

休み気分から気持ちを切り替えて、まず安心•安全に努めていきましょう!

 

 

⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎

4月は現場も落ち着き、資材置き場や事務所の機材•資材•等の整理、タイヤ交換を行い、連休前に社員を集め挨拶し連休に入りました。

綺麗に整理して頂きありがとうございました!

 

⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎

桜のトンネル

こんにちわ!

 

福島も桜🌸が咲く季節がやってきましたね!

先週から各地で開花して、今週は満開のところが多数あると思います!

今回は12年ぶりに通行規制(帰還困難区域)解除され、自由に出入りができるようになった富岡町の夜の森桜トンネルに行ってきました!

昼間ではなく、夜のライトアップを見て来たんですが、綺麗でしたね!

土日ということもあって、桜まつりが開催されたり見物客で賑わっていましたね!

 

こんなふうに双葉町も賑わいを少しずつ戻ってくると良いなと感じました。

 

 

それではまた次回更新まで!

 

令和4年度第1回災害防止協議会

こんにちわ!

本日は、令和4年度第1回災害防止協議会を実施致しました。

できる限り社員は参加して頂いて、安全部より令和3年度の振り返りと社長及び専務より令和4年度のことについてお話していただきました。

 

まず令和3年度の安全活動についての反省を行いました。その中で、注意や指示が多かったことが、★施工体系図・緊急時連絡体制表の掲示、新規入場・安全教育の実施の不備★工事車両の輪止め、架空線等の防護方法の不備★作業手順、重機・道具の使用前点検不備等が特に目立つ結果となりました。

また、相双管内事故例についても全体で24件あり、その内の10件は架空線、3件は埋設物の破損でありました。当社は、重大事故につながる災害はありませんでしたが、小さな物損等はあり、バック走行や旋回時に多く見られていたため、今後はさらに気を引き締めて、安全に現場を進めていきたいですね。

 

当社の4月度重点目標は「子供を事故から守ろう」です。

 

双葉町内にはまだ子供たちが出回っている状況ではないですが、子供だけではなく色々な人が双葉町に足を運んでいますので、車を運転する際は気を付けて移動するように心掛けましょう!

 

 

社長及び専務からは、年間休日、アルコールチェック、令和3年度の工事完了、令和4年度の工事受注状況等の話をしていただき、(※挨拶抜粋)令和3年度の工事完了につきまして、従業員皆様に対して感謝申し上げておられました。令和4年度は、例年より工事受注がより厳しい状況になるため、無理・無駄・ムラ・確認を徹底して安全に現場を進めてほしいと挨拶いただきました。

 

以上、第1回災害防止協議会でした。ご安全に!!!

 

春の全国交通安全運動2022

明日の4/6(水)~4/15(金)の10日間にわたり、春の全国交通安全運動が実施されます。

交通事故ゼロを目指し

・安全な速度を守る。

・わき見運転、ながら運転は厳守。

・飲酒運転は絶対しない。

・シートベルトの着用。

・道路標識を見落とさない。

などなど車を運転される方は、他にも沢山守ることがありますので、運転される方は安全運転を心掛けてください。

まず年度初めのこの10日間無事故で、今年度をスタートできればと思いますね。

それではご安全に!!!

令和3年度から令和4年度へ

本日で令和3年度が終わり、明日から令和4年度がスタートします。

今年度は、有難いことに仕事が空くことなく大変忙しく活動させて頂きましたが、それに伴って例年より物損やケガが多く見受けられました。

来年度は、今年度のようなことを2度繰り返さないように日々の安全に対しての取り組みを強化し、一人一人が意識を変えていきたいと思います。

忙しい1年ではありましたが、無事に今年度を終了し、新たな年度を迎えられることは会社を支えてくれている従業員さん達のおかげであり、感謝しかございません。

また来年度も一緒に頑張っていきましょう!

 

そして、新たな生活をスタートする季節です!

まだ桜は咲いていませんが、昼間は気温も上がって過ごしやすい日々が続いています。コロナが落ち着いてきたらお花見でもしたいとこですね。新生活をスタートする方は、不安や期待が入り混じっていると思いますが、落ち着いて日々を過ごしてください。

 

では令和4年度も伊藤工務店を宜しくお願い致します。

現場:大熊町熊川

お久しぶりの更新になります。

今日からまた投稿を再開したいと思います。

 

今回は大熊町の熊川筋にて、河道掘削工事(L=500.0m)を当社初となるICT施工で実施致しました。

3次元設計データを取り込んだICT建機にて施工したことで、丁張レスでスムーズに作業が進めることができました。また、丁張レスが良い面もありますが、本当に精度が合っているか不安になるときもありますが、日々の精度確認を行うことが大事だと感じました。

また続きもありますので、この経験を活かしていきたいですね。

↑施工状況

↑施工前

↑竣功